ドラゴンきたー!明石出船の神戸沖タチウオジギング(2022/10)

明石沖タチウオジギング(2022/10)

2022年10月半ばに、9月に続き、2度目の明石出船にて、神戸沖タチウオジギングへ行ってきました。
前回同行予定だったメンバーが急にキャンセルになり行けなかったので、再度行ってきました。

ちなみに、昨日も神戸沖へブリトップ&ジギングで出船してみたんですが
波が高くて出船後の途中切り上げになりました。残念!
またリベンジします。

潮:中潮
満潮:17:51
干潮:5:11
日の出:6:06

タチウオジギングへ出船

3時頃出発し、4時半か5時頃の早めの到着。
6時頃出船です。
この日も前回引き続き、リタックルさんです。

夜明けを走っていきます。
明石海峡大橋がきれいです。

夜明けの中、船団に突入していき、ジギング開始!
船長から、特段ジグウェートの指定はなく130g-200gでやってみました。

開始早々ヒットしましたが、1本目を水面から出すところで、いきなりバラシ。
その後、早々に2本くらいまでは釣れまして安心。
しかし、なかなかつづきません。

今回、アンチョビメタルのタイプ2や3などを買ってみましたので、
そのあたりなどいろいろ変えてみましたが、特に何で当たるわけでもありませんでした。

また、バシッとワンピッチでしゃくったり、ハーフピッチにしたり、前回わりとあたりの多かったふわふわ系のしゃくりをしたり、としますが、あまりあたりません。

周りもそんなにあたりが多い感じではなく、結構大きく移動したりしていました(船団の外に出たり)

ド・・・ドラゴンか・・・

そんな中、足元(船底方向)に潮が流れていき、ジグを引っ張りだそうとツンツンしていると、急に激重!
底に落としたときじゃないし、根掛かりじゃないはずだし、ラインのすぐ手元が船底にひっかかったかな?と思ったりしていると、急に巻けるようになり、「おお!これは魚ちゃうか!」と興奮します。

右に流れていき隣の人と絡んですぐに外してもらって
上がってきたのはいわゆるドラゴン的な大型タチウオでした!

ジグは、アンチョビメタルタイプ1の130gでした!
明石沖タチウオジギング(2022/10)

写真を撮っていただきました^^

その後、後半は結構うねりがあり、ちょっと疲れました。
後半に2本追加して終了。
ちなみに、後半はピンク系や赤金系が釣れていたようでした。
隣の方は三段しゃくりからのフォールで、連れはばしっとしたワンピッチで釣っていました。

後半は疲れたのもありふわふわ的なしゃくりで終始していましたが、この日はあんまりよくなかったかもしれません。

最後に一本ヒットしたときに、ついロッドを持つ手に力が入り、ベイトリールのクラッチを切ってしまい、ドラグゆるゆるやん!としめようとしても、閉まらんやん!というおとぼけをしてしまいました。
貴重な一本がもったいなかったです。

この日の釣果

自分は合計5本でした。連れは7本&13本でした(13本は竿頭)。

真上からとるとこんな感じです。

最大の1匹のサイズは107cmでした。

指本数は、どうあてるのが正解かわかりませんが、F5.5~F6くらいでした!

検索してみると、F5をドラゴンと呼んだり、体長120cm以上をドラゴンと呼んだり、ドラゴンタチウオの定義はいろいろのようです。
体長は少々足りませんでしたが、F5はありますので、
今回のこちらはドラゴンであるとしておきます^^

唐揚げ、刺身、卵に煮付けなどでいただき!うまし!

ちょっと刺身の盛り方が雑ですが、良しとしてくださいまし!

感想・反省

・今回はドラゴン的な大物も釣れて興奮しました!
 前回の12本に対し、本数が半分、という点は少々残念でした。

・後半失速したので、周囲で釣れているしゃくりとカラーにあわせて、後半にあたりを出していきたいと思いました。

・結構釣っておられたかたは、タコベイトなどをつけておられたので、次回参考にしてもいいな、と思いました。

・連れとは、もうちょっと早い出船時間のところに次回乗ってもいいかな、という話をしていました。

・今年はそろそろタチウオも冬になり、ジギングは終わりで、テンヤに切り替える時期かもしれません。テンヤをやるかは連れ任せにします^^

・タチウオジギングはバーチカルな釣りで、キャストは必要ないので、はじめやすい釣りだな、と思いました。来年もまた行こうと思います。

おしまい!

Fishing in 大阪湾カテゴリの最新記事