赤礁崎オートキャンプ場にてキス釣りキャンプ

赤礁崎オートキャンプ場にてキス釣りキャンプ

少し前の夏前(6月頃)ですが、
福井県西部の赤礁崎オートキャンプ場へ、キス釣りキャンプへ行ってきました。

自分がキス釣りをいつもしていますので、今回はキャンプ仲間のみなさんとキスを釣って、キャンプ場で食そうぜ、という会です。

第2回キス釣りキャンプはブログアップ済みでしたが、こちらはまだでしたので、振り返ります。

自分のいつも行く小浜東部の浜へ5時集合です。

今回のメンバーはsusuさんとお子さんのJIN君、odetomoさん、まこちょさん、そして自分です。
朝一は浜には自分たち以外は1組おられた程度で、真ん中少し左で始めます。

自分はまこちょさんに教えつつ始めます。
釣り初心者とのまこちょさんには、自分の竿に仕掛けで、餌をつけて投げて渡し、
あたりを取るところからやってもらいます。
キスだのメゴチだの、何匹か釣ってもらえて安心しました。

しかし手前はミニなカレイがいたようで、
susuさんとodetomoさんは、それとメゴチに苦戦しているようです。
ナイロンラインで割と重いオモリでやっていたので、キスのあたりをとるのは苦しかったのかな、と思います。

ここは結構来たことのあるところでしたが、カレイを釣ったのは自分ははじめてでした。

アタリもなくなってきましたので、こちらは8時には撤収。
ここでは、自分はたしか5匹くらいで、全体10匹くらいだったのかな、と思います。

2箇所目は浅場ポイントです。

大物来た!と思ったら、初のエイでした。
リリースしましたが、ブログネタ的には食べてもいいところだったかもしれませんね^^

こちらの方が底があらくて釣りにくいですが、あたりは多く楽しめたのかな、と思います。
このままじゃ天ぷらの具材不足だな、ということで、自分は徒歩圏内でランガンしてちょこちょこキスをゲットしました。

10時頃には釣りは終了して、キャンプ場へ向かってチェックイン。

赤礁崎キャンプ場は日本海に面した、大島半島の先端にあるキャンプ場です。

自分はサーカスに、ローベンスタープです。
今回は雨予報もあったので、サーカスの入り口をカバーしようかな、ということで
その場の思い付きで、4隅ポールにてタープを張ってみました。

赤礁崎オートキャンプ場にてキス釣りキャンプ

他の参加者のみなさんは、というと

ポルヴェーラのodetomoさん

小川キャンパルのステイシー&レクタのまこちょさん

キャンカー&焚き火タープヘキサのsusuさんでした。

4人で4サイト予約しましたので、キャンプ場の方に「4人ですけど、4サイト予約でいいんですか」と確認されてしまいました^^

昼ごはんは焼きそばを食しました。

さてさて、この日の釣果は、というとミニなものも含めてキス19匹です。
そのほかにヒイラギや、前述のミニなカレイもカカリのわるいものをいくつか。

キスのさばきをodetomoさんにお教えしましたよ。

薪をまな板替わりでにすると、そのまま燃やせばよいので、便利です。

このメンバーの会(父子の会)では、タープに集まった上で、各自自分の飯を作って食べる、という方式ですので、
この日も各自、天ぷらを揚げる、という晩飯でした^^

この次に実施した、第二回キスキャンの会では、天ぷらを揚げるのが上手かった、odetomoさんに揚げ場を一任しました。
その方がおいしくいただけましたし^^

下図はそのodetomoさんの天ぷらの図です。

いい感じに揚がっております。

これをしろめしにのせて天丼!
キャンプで天丼とは、いやーいいですね(繰り返しますが、自分ではなくodetomoさんの晩飯です^^)

自分はその他に、天ぷらの具材不足ということで唐揚げを揚げるなどしてみました。

まこちょさんにはweberのグリルでいろいとと焼いていただきました。
ステーキ肉うまし!

焼バナナ!うまし!

その後は焚き火でまったりです。


翌日の朝飯には、ゆるキャン△で見た、リンちゃんの焼肉まんをホットサンドメーカーで作って、いただき!

その他にも、卵焼きや、残り物セットをいただき!

昼ごはんにカップ麺を食して、撤収しました!

今回、キス釣りキャンプというテーマの割には、それほど多くは釣れませんでしたが、参加のみなさんには楽しんでいただけたのかな、と思います。
一人4匹くらいということで、キス天も食べてもらえてなによりでした。

この後、10月にも、第二回キス釣りキャンプを実施しましたよ。
来年もまたどこかで釣りキャンプができたらいいな、と思います。

おしまい!

赤礁崎ACカテゴリの最新記事