アメリカ西海岸の日々(2024/5)

             
  • 2024.07.09
  •          
  • 海外
アメリカ西海岸の日々(2024/5)

5月後半へアメリカ西海岸のいわゆるシリコンバレーへ仕事で行ってきました。
そんな日々を、食事を中心にまとめます。

今回は関空から、ホノルル空港のトランジットで、サンノゼ空港です。
 *単純に1番コストが低かった関係です。

こちらは関空です

ハワイアンエアラインで、機内食はロコモコです。
MAUIのビールをいただき!
もちろん関空発ホノルル行きですので、機内のお客様はハワイ旅行に行く日本の方ばかりです^^

こちらはホノルル空港の窓からの景色です。


トランジットは2-3時間くらいだったと思いますので、DANKINドーナツをつまんで、空港内で待ちます。再びハワイアンエアラインです。
こちらのお客さんは西海岸からハワイへ遊びに来た帰りか、ホワイに里帰りしていた人の戻るところ、という印象でした。

中間地点でトランジットがあると、そこで一回時差があり出発時間がもちろん現地時間なので、時計を合わせます。そして到着すると時間をまたあわせます。
そういう体験は初でしたので、何か不思議な感じがしました。
楽だったかどうかはあんまりよくわかりません(あんまり時差は感じない方です)。

土曜日の夜22時過ぎ到着のフライトで、Uber移動して、ホテルに23時頃に到着。
 *ハワイアンはこの時間しかなかった関係などです(前述のようにコストが一番低いですし)

何度かこの辺りに行っているのですが、今回は営業の選んだ初のホテルです。
どうやら思ったホテルの一軒となりを間違って予約してしまったそうで、駐車場に階段があって部屋に入る感じで、刑事ドラマで見るロードサイドのイン(モーテル)のような作りです。
 *二つ星ホテルです。

24時間受付だというので油断し23時についたらなんとアメリカだというのに、受付が英語の全然通じないような南アジア系の警備員のような人でした・・・(テンプレ質問さえも出ません)

話があんまり通じないままチェックインをし、薄暗い電気室か水道室の脇の薄暗いところに入り口のある、端っこの部屋に通されました。夜中にコツコツいうような何か出そうな部屋です・・・
 *写真ではわかりませんね。
 *もちろん治安上もあんまり好ましくありません。

翌朝に受付に行くとちゃんと英語の通じる受付の人(南アジア系の経営のようです)がいたので、話をして部屋を変えてもらいました。

「昨日は結構混んでたんですよね。こっちの方がだいぶいい部屋のはず」と言われましたが、混んでた雰囲気はなく、深夜の受付の英語の警備員が話が通じない腹いせに、変な部屋を割り当てたのは間違いないでしょう。勘違いしないように言っておきますが、ただのレベルの低い受付がいただけです。

夜中のチェックインはそういう意味でも何か気を付けた方がいいな、と思いましたよ・・・。

月曜日の朝一打合せ予定でしたし、土曜日着で二日目の日曜日を休みの日にしていました。
ちなみに、同行営業は前週からアメリカ滞在で、同じホテルには、金曜日からきていました。

その二日目です。
朝ごはんはホテルについていましたので、そちらをいただきました。
昼ご飯は、フォーです。このお店は6回目くらいかな。

いろんな種類の部位の入ったコンボです。
レアな肉が入っていて、うまいです。

こちらはその日の晩御飯。
Von’s oven chickenにて、鶏肉と野菜のセットです。
メニューは Boneless SSAMです。
*こちらは3回目です。どうやらチェーンのようですが、店員さんは2018年から同じ方でした。

大根の薄いピクルスのようなもので巻いていただきます。
結構うまいです。

近所のスーパーで買い出しに行くと、タチウオが売られていました(BELT FISH)。

こちらはサワラ系の魚です(SPANISH MACKEREL)

ちなみに、韓国系のスーパーなので、ハングル表記があります。

さて、まだまだ長くなりそうなので、続きます。

海外カテゴリの最新記事