清流の里ぬくみにて、年末キャンプ(2021/12/29-30)

清流の里ぬくみにて、年末キャンプ(2021/12/29-30)

2021年の年末の12/29-30に清流の里ぬくみへ行ってきました。

ぬくみは三重県津市美杉町にある森に囲まれた、キャンプ場です。

清流の里ぬくみにて、年末キャンプ(2021/12/29-30)

当初滋賀東部の予定でしたが、年末の雪で予定より前倒しで、今期の営業終了とのことで、
急遽Susuさんに予約してもらい、こちらへ。

キャンプ場へ出発

今回自分は、年末の仕事がたまたま立て込んでおり、前日の夜10時くらいまで終わりませんでしたので
当日の朝積み込みで10時半頃出発です。
ナビでは出ませんでしたので、近くの「道の駅美杉」で設定していきました。

すれ違い不可の細い道の部分もありましたが、対向車とはその部分ではすれ違うこともなく、ラッキーでしたよ。

近くまで来て奈良県に入ったところで「道の駅御杖」に通りかかりましたので、大根の漬物を買い出ししました。
大根、葉物、芋などの野菜も販売していましたよ。


「ぬくみ」の入り口の目印は、ガードレールのこちらの看板でしょうか。

12時半ころに到着!

まずは、朝から来られていたsusuさんの焚き火タープにお邪魔しました。

今回はたまたま、予約時に空いていた広いところ
ということで、BBQハウスつきサイトと、向かいのサイトです。

susu家のタープ下にて、焼きそばを早速作ってランチに。

自分は、今回は、テンマクのサーカスを張ってみました。


なお、今回のメンバーはSusuさん父子と、だーぼうさん父子と、自分(ソロ参加)です。

susu家とだーぼう家はそれぞれキャンカー泊です。

焚き火台も自分は今回は出さず、susu家とだーぼう家の焚き火にパラサイトさせていただきました。

ぬくみのお風呂をいただいた後、晩御飯タイム。

武井バーナーのパープルストーブ(301)を点火。2年ぶりでした。
ポンピングの圧のかかりが弱かった気がしましたが、無事点火。
カップのメンテをするか、パナレーサーを買うかどちらかしようかな(後者見込みです)。

下図の左奥はsusuさんの同じくパープルストーブの501です。

自分の晩御飯は下図のように、メスティンラージにて、チゲ鍋です。

自分の中では、冬場のキャンプの晩飯は鍋が定番です。
鍋キューブにてチゲ味と味噌味をミックスし、安定のうまさです。

susu家とだーぼう家も、それぞれしゃぶしゃぶ鍋でした

その他に、買ったタラの一部を塩コショウ・ガーリックで焼いてみましたが、こちらもうまし。

BBQハウスがありましたので、中で灯油ストーブのアルパカとレインボーをつけると、ぬくぬくです。
今回は子供たちもいましたので、こちらで晩御飯としてみましたよ。
ここになれるともう外に出れません^^;

susu家のJIN君と、だーぼう家のK君は大人をBBQハウスに置き去りにして、お外で焚き火です。
大人もようやく終盤になって、焚き火タイムです。

自分は今回は、サーカスの中で、湯たんぽとレインボーであったかく寝ました。
いつもは湯たんぽだけなんですが、BBQハウスの暖かさに慣れてしまったので、油断してみました。


寝る前は全然風もなかったのですが、夜中に目が覚めるとわりと風が強く、
夜中に申し訳ないですが、できるだけ静かにペグ&ガイロープを追加してみました。
その後、パラパラと雨も降ってきました。


二日目の朝は、susu家のタープにお邪魔して朝ごはん。
写真がないですが、前日残りのチゲ鍋にて、チゲ鍋うどん(前日に閉めようかな、と思っていた分です)。

その他、元々朝ご飯に準備していた、塩バターフランスパンを焚き火で焼き、
残り物の鶏肉とタラをガーリック焼きにして、オープンサンドでいただいてうまし!

雨も止んで、そろそろテントも乾くかな、と思った頃に再度雨。
あわててテントも片付けし、90%乾燥はいけましたよ。

子供たちと縄跳びなどして遊んだ後、ランチにカップ麺をいただいて撤収。

今回も楽しく年末を過ごせました。



おしまい!

清流の里ぬくみカテゴリの最新記事