福井県小浜にてキス釣り(2020/6/6)

福井県小浜にてキス釣り(2020/6/6)

世の中は梅雨に入ったようですね。
入る前に何度か釣りにいけてよかったですわ~。

今週はさすがに行っていませんが、先週末は福井県の小浜へ釣りに行ってきました。
行った先は前回と同じ、(福井県)小浜東部からです。

この日も小浜へ

4時過ぎ出発で、6時到着です。
前週はもうちょっと後の時間でも全然人もいなかったのですが
この日は若いファミリーの方と、地元のおかんらしき人など、3組が左右にいました。また、ゴムボートで数十m~100m程度、沖に出ている人が3組程度でした。

大きく空いている場所は左端か真ん中か、というところで、真ん中に入らせてもらいました。
ちなみに、左右は50mくらいはあいているレベルの真ん中です。

この日も一投目からキスが来ましたがサイズがどうにもミニです。

福井県小浜にてキス釣り(2020/6/6)

ちなみに、波はほとんどなくおだやかです。天気は、まさしく曇天でたまにポツと雨を感じる程度でした。

早巻きしたり、手前と遠目を投げたりしましたが、どうやってもキスが小さいです。
またこの日は前回よりもメゴチが多く、メゴチの3連^^

キスの3連があるもどうにも小さいです。

浜の左右に人も増えておられたので(6組くらい)、浜の中で違う場所をさぐる余地もあまりありませんでしたし、その後もミニを釣ってみました^^;

投げ練開始

二か所めに行こうかな、と思いましたが、(前回と違い)この日は沖に網も入っていませんでしたので、投げ練習をすることにしました。

最近はちょい投げ用には、シーバスロッドのルアーマチックS86MLと、柔らか投げ竿のリバティクラブサーフT20-360を使っています。
この日もこれらを使っていました。

投げ練はその前に買ったプライムサーフT27-405で、実施です。
そんなに高くないですが、カチッとした投げ竿です。

「写真で学ぶキャスティング」という本をインスタなどで見かけて少し前に購入していたのを持ってきていましたので、読みながら練習です。

オモリの置く位置、垂らしの長さで拾いをしっかりすること、構えたときの足のスタンスや腕の角度で安定して竿を振るなど勉強になり、わかりやすい本でしたよ。
自分はそんなに運動神経がある方でもないのですが、シュッと投げられたり、自己流のときよりはちょっとはうまく投げれたように思います。ぼちぼち地道に練習します。

言うも恥ずかしいですが、これまで遊動仕掛けでうまくあたりを取ったこともあまりなかったです。
釣れないときに投げ練するから、というのもありますが・・・
この日はフロート天秤(子供の頃よく使っていたような気がします)で遊動仕掛けを使ってみまして、重めの天秤でもあたりが取れたりして練習になりました。

釣れたキスはやっぱり小さかったですが。小さくてもあたりが取れているということもできます^^

最後にこの日も左端の藻際を釣ってみようと行きましたが、この日はフグでした。

1か所目を撤収

さて、9時半頃にこちらを撤収。
こちらの場所ではミニなものばかりですが、数は釣れました。
ちょっと長居しすぎたかな、と思いつつ2か所目へ。

高浜方面へ向かうも・・・からの2か所目

2か所目には高浜方面へ向かいましたが、この日の時点では難波江など高浜のあたりは、浜の駐車場がおおむねクローズしていました(道沿いの駐車場10か所ほどはどこも)。
*クローズした駐車場などに強引に停めている人もいないではありません。

自分は前回同様、いつもの浅場へ。
そのあたり一帯の草刈り作業をしておられましたので、終わった場所で釣り開始。

大物と思ったら、フグです。

キスはポツポツ以下の時速1-2匹です。
サイズはちょっとはましです。

とはいえ、釣れる感じはなく、1か所目に長居をしたのも正解だったな、と思ったり^^;

この日の釣果

この日の釣果はこちら。

前回と変わり映えしませんが、ミニなのばかり、34匹でした。
メゴチは多分40ほど釣り、20-30匹ほど持ち帰ってみました。

ざくっとさばき、この日も卓上天ぷらでいただきました!

感想

・ミニでも釣れるとうれしい。しかし、もうちょっと大きい方がうれしい
・投げ練をすすめる
・何色投げたか覚えていないので、投げたときに確認する
・遊動仕掛けをうまく使う
・ボート釣りを考える
・フィンガープロテクターを忘れたので持っていく

おしまい!

小浜カテゴリの最新記事