Coleman製ケロシンランタン639C700

Coleman製ケロシンランタン639C700

使用しつづけているキャンプグッズを、ひとつ紹介してみます。
ランタンについて質問されることが時々ありますので、639C700を紹介します。

Coleman製ケロシンランタン639C700

Coleman製ケロシンランタンの639C700を購入したのは2013年のことです。

その後、もう8年目ですが、特別なメンテは何もなく、順調に使えています。
ポンピングの押し具合が緩くなった時に、カップにオイルをさした程度です。

ケロシンランタンの”ケロシン”とは灯油のことです。
燃料が購入容易、低ランニングコスト、石油ストーブと共通化可能、という良さがあります。ちなみにうちは、このランタンと武井バーナーと、ストーブで灯油燃料で共通化しています。
また、冬場でもガスランタンのように燃料が冷えて暗くなる、というようなことはなく、明るいのも重要なポイントです。
ホワイトガソリンよりも気化しづらく、アルコールを使ったプレヒートが必要になりますが、特段難しくはないです。

下図左はフューエルランタンキャリーケースです。
ソフトランタンケースの選択もあります。

ランタンには、プレヒート用アルコールのミニボトルが付属していました。

使用方法としては以下の通りです。

マントル取り付けし、プレヒートカップへ燃料用アルコール注入。
*プレヒートカップはマントルの手前下にある、黄色っぽい金属のカップで、ここにアルコールをいれてプレヒートします。

まずはマントルのカラ焼きですが、プレヒートがてら実施しました。
蓋をはずして、アルコールに上から着火します。

マントルにも着火し、カラ焼き成功。
そのままアルコールでのプレヒート継続。

下図はカラ焼きが終わった後、引き続きプレヒート中。

50回程度ポンピングをします(実際にはもっと前の段階でしました)。
自分は、硬くてほぼ押せなくなる程度まで実施します。

アルコールがある程度減るまでプレヒートをします。
その後、真ん中のつまみをONにして着火します。
*アルコールがなくなると火が消えますので、その前に実施
*プレヒートはジェネレータ(内の灯油)を暖めるのが目的で、冬は寒いため温まるまで長めに実施します。

無事着火。

夜の屋内を参考に。
実際にはかなり明るいですよ。

実使用例を挙げようかと思いましたが、引きの絵が多く、なかなかわかりませんね^^

消耗部品としてはマントルがあり、自分は、こちらの純正マントルを使っています。
使い始めたころに、3回くらい破損しましたが、その後はごくたまにしか交換しておらず、今のマントルは3年程度(10キャンプ程度)は使っています。*2013年にまとめて10個程度購入して以来、追加購入していません(100泊程度使用したはず)。

最後に本体の入手ですが、ケース、ランタンともに、amazonで購入です。
ちなみに、当時、アメリカのamazonでクリックすると、
「これは海外発送できません」みたいなことが出ました。

商品名が書いていませんが、購入時のリンクと同じリンクですので、こちらでいいでしょう。

楽天検索結果はこちら(639C700)では、出てきませんので、
こちら(コールマンケロシンランタン)でよいのかな、と思います。

変動するでしょうが、楽天の方が高そうですね。

フューエルランタンキャリーケースはamazonではこちら。

楽天検索結果はこちら
これも楽天の方が高そうですね。

先ほど記載のように、マントルは、こちらの純正マントルを使っています。

灯油を入れる際には、フーエルファネルをどうぞ。

こちらのランタンは、前述のように、冬場でも明るいのがいいところですね。

一緒にキャンプに行った会社の後輩は、サイトが明るいのがサイコー、と言ってました^^
明るければ明るいほどいい、というわけではないですけどね。

おしまい!

ランタン・ライトカテゴリの最新記事