SWキャンプ@久多の里オートキャンプ場

久多の里オートキャンプ場まとめ

シルバーウィークの、昨日までの三日間(9/19-21)に、久多の里オートキャンプ場へ行ってきました。
久多の里オートキャンプ場まとめ
シルバーウィークの長女の部活の予定が決まったのが、9月のはじめ。
そこからの予約開始でした。
ていうか、単純に、シルバーウィークの存在を忘れていたのです^^;
行ったことのあるキャンプ場はHPをチェックしたり、問合せしたもののどこもいっぱい。
先日の父子の会の途中にその話になり「青土ダムが空いてるや~ん」となりましたが、翌日に気づいたら、すでに×マークになっていたり。
マキノや山東のフリーサイトまでいっぱいでしたΣ(゚□゚(゚□゚*)
そんな一週間ほど前のある日の昼休みに、相方とLINEでそういうやりとりをしていまして、
「今日は忙しいので、あとはよろしく」と言っておいたところ、
こちらがちょうどあいていた、とのことで予約完了。
相方、サイコーや!!


さて当日の9/19。
長女の部活(前日の文化祭の片付け)がAMでしたので、その間に私は積み込み完了。
昼ごはんをさくっと食べて出発。
久多の里オートキャンプ場は、京都と滋賀の県境の京都側にあります。
朽木からやや南西といったところです。
前回の六ツ矢崎浜行きの際の反省を生かしまして、湖西道路の渋滞をGoogle Mapで確認し、
琵琶湖東岸の湖岸道路の北上し、琵琶湖大橋を渡って行きました。
湖西道路の渋滞を避けるにはこのルートがよさそうです。
そのまま367号線を上がっていき、梅ノ木キャンプ場のあたりを曲がり細い道を15分ほど走ります。
この15分がすれ違えない幅なんですよね~。
(もちろんすれ違い箇所は結構あります)
この看板のところの分岐を入ります。

こんな分岐

そうしますと到着!
キャンプ場を過ぎた少し先に、朽木渓流魚センターがありまして
細い道で対向する車が結構いたのは、ここに向かう車じゃないかな~。
朽木渓流魚センター、大津のあたりでは、ちょっとしたイベントなどで行くところなんですよね。
2時頃到着で、キャンプ場まで、うちからは1時間強ぐらいでした。
さっそく受付。
こちらでは到着してから、場所確認でのサイト選びをさせていただきます。
AC、W、Eと三つのゾーンがあり、W側も山側と川沿いにわかれています。
今回は、W側の川沿いサイトW-22としました。
サイト番号はまな板に書いてありましたよ。
写真忘れた^^
さっそく設営&乾杯

今回はロッジシェルターです。
木に囲まれていましたので、天然タープとしました。
焚き火タープはサイズ的に張れないだろうと置いてきましたし。
久多の里オートキャンプ場まとめ
気候によっては川遊びも考えていましたが、
久多に入ると、朽木のあたりよりも涼しくなった気がします。
朽木のあたりでは泳げそうな気もしていたんですけど~。
最近、経営(?)が変わられたようで、まだ今年はお試し営業(?)的な感じのようです。
この日はサイトの3割ぐらいうまっていたかな~。
翌日は8割ぐらいうまっていました。
この日はあいたサイトもたくさんありましたので、
向かいのサイトでバトミントンをしたり、サッカーボールを蹴ったり。
そうこうしているうちに、晩御飯の時間。
この日の晩御飯は、軟骨から揚げ、ポテトフライ、
ウインナー、餃子など焼いたり、
スープ、白ご飯。
あ、BBQ写真忘れたの図^^

味の素餃子もいただき^^

2日目に続きます。

久多の里ACカテゴリの最新記事