2017GWキャンプ in 麻那姫湖青少年旅行村

2017GWキャンプ@麻那姫湖青少年旅行村

ずいぶんと前の話ではありますが、
GWの5/3-5に、麻那姫湖青少年旅行村にキャンプに行ってきましたよ。
こちらをレポしまっす。
2017GWキャンプ@麻那姫湖青少年旅行村
ここ数年GWはこちらですよ。
今年は赤礁崎あたりで釣りキャンプでもしたいよね、と相方と話をしていましたが
予約開始日に予約電話が全然つながらず、惨敗しました。
その後、四国のキャンプ場に空きが出ているのを発見して、次の日に電話するも
こちらもすでにいっぱい、という場面もありました。
ということで、紆余曲折を経て、元の予定通りといいますか、いつもの麻那姫へ^^
今回は長男長女とともにファミキャンです。
あんまり早く出発したくないよね、という話が、なぜか前日に出まして、当日出発は9時頃となりました。
結果的に、これが失敗でした~。
まず高速に乗って、栗東あたりで渋滞。再度、彦根のあたりで渋滞。
後から確認すると、このあたりは渋滞予測でも出ていたりしました。
いつもGWでもほとんど渋滞にかかったことがありませんでしたので、油断していました。
渋滞予測ぐらいは確認しないとあかんですね。
さらには、北陸道に入って、事故渋滞が二件^^;
大野城前を通過。

大野市のVIOにて買い出し。
こちらはVIO前の芝桜

ここから、怪しげなガードレールの道を行きまして

麻那姫湖のアイコン麻那姫の前を通過しつつ写真を撮り
(我が家では、山道の運転は、酔いやすい相方と決まっております)

麻那姫湖青少年旅行村に、2時頃到着。
お客さんも結構いらっしゃいましたよ。
年々増えている気もします^^

普段なら3時間半ほどでつくところが、前述のGW&事故渋滞で5時間ほどかかってしまいました。
今年は一日500円ちゃんと取りますよ、と受付で管理人さんのおじさん曰く。
ルールとしては一旦外出するときにナンバープレートの番号を言って出て再入場ということのようでした。
手前の方は結構みなさん張られている感じでした。

うちは基本的に奥の広場の方にいつも張っていますのでそちらへ。
奥の広場のところも川沿いや、山手沿いには、
結構みなさん張られていましたが、中央はあいている感じ。
(先ほどと同じ写真ですが)

奥の広場へ向かう際にわたる川の川沿いに張るか、奥の広場の中央に張るかなどと考えましたが、
奥の広場右の川沿いに間があいているところがありましたので、
ここの間に入れていただいて張ることにしました。

今回はロッジシェルターをリビングに、ノースイーグルワンポールテントを寝床にしました。
ロッジシェルターにカンガルーのことも多いですが、
寒くなってロッジ内で過ごすことも多くなるかも、と思い、今回はこの形にしてみました。
(翌日写真ですが)

設営後、ちょっと合間に川へ釣りに、まだ水も冷たく、魚が足元のブロック下にいるふうでしたので、
隙間から針を落としてみると、一匹ゲット!
今回の釣果はこちらだけでした^^
今回、帰りに釣りに行く可能性もあるかな、と海釣りの仕掛けはもっていましたが
川釣りは持ってきてませんでしたので、手持ちの(サビキの)仕掛けでなんとか釣った感じでしたしね。
そのほか、バドミントンをしたり、ドッチビーをしたり。
長女は幕内で勉強したり。
長男君も楽しそうです。

長女のキャンプも結構レアになってきました^^

晩御飯はロッジ内にて、BBQと焼き鳥。
釣った魚も焼いてみました。

鮭とウインナーと玉子の燻製。
今回も私は焼き鳥の串うちと、燻製作業程度でして、結構相方任せでした。

その後、ロッジから外に出まして、焚き火開始!


三脚を持ってきていたので星空を撮ろうと思ったら
なんと雲台忘れ^^;
(ビデオカメラと共通にしていましたので、ビデオにつけっぱなしでした)
乗せるだけで強引に撮影したら、なんとか星が撮れまして、私の実力としては満足。

ちなみに、1年ほど前からズームレンズのピントが合わなくなっていましたので、
新しくズームレンズ(NIKKOR18-105)を導入しまして、久々に一眼レフを持ち出しましたよ。
長男君は疲れたのか、7時くらいに寝てしまいました
(その後、夜中に目覚めてなかなか寝れなかったようでしたが・・・)
他の皆さんも10時ころには就寝。
私はロッジでまったりした後、11時ころには就寝。
翌日に、つづきます。

麻那姫湖青少年旅行村カテゴリの最新記事