アジアカップ準決勝、韓国戦。

NO IMAGE

アジアカップ準決勝、韓国戦。
押してた中、終了間際に追いつかれるも、
PK勝ち。
やっぱり勝ててよかった。
まずは、試合展開をメモ。
ロングボールがペナルティエリア内に飛び、
今野がパクチソンを押したところで、PK。
先制される。
日本は左サイドで本田がためを作ったところで、
長友がオーバーラップし、
切れ込んだところからのパスに前田があわせて同点。
延長に入り、延長前半に、
ロングボールがペナルティエリア内に飛び、
岡崎が相手ディフェンダーを押されたところで、お返しのPKをいただく。
2-1と逆転する。
延長後半残り一分のところで、
(わりと出たばかりの)本田拓が自陣半分ぐらいのところで
危険な状況ではなかったけれど、
相手をちょっとひっかけてしまい、フリーキック。
フリーキックのロングボールから混戦になり、
終了間際で2-2の同点。
PKで川島が3人連続止めて、日本はPK勝ち。
ここ数年、韓国戦ではだいたい日本のいいところが出せないことが多かっただけに
日本はなかなかいい試合ができていたのではないか、と見ていた。
サイド攻撃からのクロスでシュートまで行くこともそれなりに多かったし。
クサビの縦パスからの展開もうまくいっていたし。
前からの守備もがんばっていた。
韓国はいつものようなディフェンス力(気合?)を欠いていた印象。
何か前半から、いつもよりゆるい感じ。
ロングボールで一人あるいは二人で勝負というような。
チャドゥリはがんばっているが、クロスがふんわりクロスだ(加地さん元気かな)。
ここ数年は韓国に順当負け的な感じでしたが、
今回は順当勝ちした感じ。

日々カテゴリの最新記事