夏のはしごキャンプ 二日目後半@孫太郎オートキャンプ場

夏のはしごキャンプ 二日目後半@孫太郎オートキャンプ場

暑いですね~。
我が家はお盆はたいがいノーキャンプな感じです。
道が混んで予定がたたないのもいやですしね~。
今日から実家に帰ります。
その前に、ひとブログアップします^^
ここまではこちら!
———————————-
はしごキャンプ初日
はしごキャンプ二日目前半
———————————-
前回は、二日目、城ノ浜海水浴場を出発したところまででした。
この日の宿泊先は孫太郎!
チェックインは2時(チェックアウト12時)ですが、海遊び後の3時頃に到着。

今回は海沿いのAサイトを予約してました。
ここは値段が8500円と、史上最高の価格と思っていたら、なんと税別で9180円。
キャンプ場は内税がほとんどですよね。
まぁそんな日もあるでしょう。
上図で黄色の、海から一列入ったところがBサイトで7000円くらい。
その裏がフリーサイトという名前の狭い区画サイト
さらに内陸側がC,Dサイトです。
この日も焚き火タープ。
夕方にはノースイーグルワンポールテントをたてました。

古里温泉により、買い出しにはショッピーへ。
ショッピーの旧店舗が、現店舗よりも外側のよく見えるところにあり、
ショッピーつぶれたのか!と思いましたが、少し裏にありました^^
キャンプ場前の海は遊泳禁止なのですよね。
カタログを見ると、カヤックレンタルもあるようでしたので、
カヤックやボートは禁止ではないようです。
シュノーケリングはどうなのかな~?
いい夕焼け。

日没写真をゲット!

お刺身をつまみつつ、ご飯の準備。

ショッピーで小ぶりの鯛を買ってきましたので

鯛めしにしましたよ。うまし!

鶏の唐揚げもいただき!
(もうずいぶんと食べ終わりかけ写真ですが^^;)

翌朝の三日目。
投げ釣りをしているお客さんが結構おられました。
受付でレンタルもありましたよ。
朝早くは受付はあいてませんので、前日に借りておく必要がありますね。
ゴカイだったとおもいましたが、受付で餌もうっていましたよ。
釣れてたかどうかはちょっとわかりません。
(あんまり釣れている雰囲気ではなかったです)

朝コーヒー。

朝ごはんには、鯛めしおにぎりとパンを大将で焼いていただき!

サイトの前の通路側が東側だったようで、通路側から日が昇ってきて、日が差し込んできました。
張る向きを90度変えた方がよかったのでしょうね。
(海側が南側と勘違いしたのもあります)
ただそう向きを変えると、サイトへの出入りは、しにくいでしょうね。
ひとまず、タープの前を下げてみました。

それでも足りず日差しがあつく、
ここには写真はありませんが、オールウェザーブランケットを日よけにぶら下げてみましたよ。
しかしそれはそれで風が通らなくて暑かったです。
やっぱり向きが大事ということでしょう。
ちなみに、キャンプ場正面の海は浜ですが、ここは遊泳禁止です。
ここが泳げるといいのですが、泳げるようにするには監視員が必要だということでしょうね。
何をやるのまではOKかは、問い合わせしてみたらいいかな、と思っています。

浜の右端や左端は、磯のようになっています。
タープを残して撤収をすすめた後、何か面白いものがあるかな、とそちらに散歩へ向かいました。
ちなみに、こちらはキャンプ場の右端にあるポケストップ岩倉神社の入口です。

ちょっとした磯に到着。
ちょっとした潮だまりにはヤドカリがいます。
ちなみに、フナムシもたくさんいます^^

このあたりの海には小魚がある程度いますよ。

ヤドカリを餌にウキ釣りをしてみましたが釣れません^^;
サビキでもよかったかもしれませんし、あるいはブラクリ的なものでしょうかね~。
同行の長男君は網で小エビをすくったり~。

暑すぎて、10時半ころには撤収完了して出発。
前日には海にすでに行っていましたし、その海遊びでみなさんお疲れでしたので、帰宅することにしました。
海は最終日にした方が、みなさんの遊ぶ元気が残ってよかったかもしれませんね^^
帰り道には紀伊長島の道の駅マンボウに立ち寄り。

種まき権兵衛らーめんがヒルナンデスで人気なの?

こちらで海鮮的な食事を買い出ししておき、後ほどいただきました。

さらに卵卵ふわぁ~むへ立ち寄り。
去年?来た時には休業中だったのですが、再開しているとのんたみさんのインスタで見かけましたので、こちらへ。

卵卵シューをいただき!
その場で中のクリームを入れていただきまして、賞味期限は15分!^^

さっそくいただきまして、外はカリカリサクサクで中のクリームとともにうまし!

噂の自動販売機も見学^^

卵の自動販売機。
意外とほかのものもいろいろとありました~。

こうして帰宅~。
今回は魚飛渓は少しだけでしたが、川、海と堪能できました~。
孫太郎は初でしたので、次回まとめます。


孫太郎ACカテゴリの最新記事