台北2日目その2(天燈あげ、台北101、蒸餃、熱炒)

台北2日目その2(天燈あげ、台北101、蒸餃、熱炒)

観光農園キャンプ村を間に挟みましたが、台湾話の続きを行きます。
ここまではこちら
——————————————————————
初日・・・台湾到着、鼎泰豊、士林余市
二日目前半・・・九份、茶芸館(海悦楼茶坊)、十分到着、榕樹下米粉湯
——————————————————————
前回、十分に到着し、榕樹下米粉湯でランチまででした。
十分で有名なのは、天燈(ランタン)上げです。
紙製の天燈に願い事を書きます。
一面1個ずつです。
こちらは長男君です。

黄色は金運ということで私が書きましたよ。
「健康に働けますように。株価爆増」とか^^

4面書けましたら、線路の上で記念撮影。
お兄さんに「チェンジ ポーズ!」とポーズを要請されますので、どんどん取ります^^
こちらは長女の面。ちなみにトランペット担当になったようですが、楽しそうです。

そして、天燈の中(紙だったかな)に火をつけますと、舞い上がります。

天高く上がっていき、晴れやかな気分です。

あがった後も、記念撮影。楽しい写真がたくさんとれましたよ^^

ここから、タクシー移動で台北まで戻り、台北のシンボルタワーの台北101へ。
1000元ぐらいだったかな。

雰囲気のあるタワーです。
年越しには横方向に花火が出るらしいですね。

中にはハイブランドのショップが集合していますよ。
相方が(だったかな)上に上がるのをビビりましたので、展望台には上がらずに、ここまで。

フードコートでお茶をして休憩。
フードコートには、日本で時々見かける「~食堂」の店舗がありましたよ。

電車で圓山駅までもどりました。

駅前で市が開かれていましたのでブラリ。

パイナップルなどを購入。

ホテルに戻ってまったりした後


晩御飯へ。
まずは、蒸餃のお店の「福大蒸餃館」へ。
ここは出張の際に、営業に連れてきてもらったことがあったお店を、安心のセレクト。
狭いお店ですが回転が速いです。
我々は早めの時間につきましたので、ギリギリまたずに入れました。
とはいえ、席が混みあっていて、二人ずつ分かれそうだったのですが、
お客さんに譲っていただきまして集まれました。
台湾の皆さんは親切です。
蒸し餃子2皿と

酸辣湯です。

蒸し餃子がうまいんですよ。
これだけ食べても、200台湾ドル(800円)ぐらいとお値打ち感たっぷりです。
ここは腹ごしらえみたいなものでして、
続いて、熱炒(ルーチャオ)あるいは100元居酒屋と呼ばれるお店へ。
長安東路に並んでいる、33区熱炒や、鮮定味が口コミポイントが高かったです。
今回は店構えでなんとなく、鮮定味へ^^

おかみさん的な人の片言日本語の説明にて、お店の前の海鮮からエビと白身魚などをチョイス。

お店は屋根だけのオープンスタイルです。
自分たちはその中でも、歩道上の席でしたので、お店と自分たちの席の間を歩行者が時々通ります^^
ちなみに、お客さんは基本的に現地の方のようでしたよ。

揚げイカのピリ辛かな

空心菜焼きそば

エビの炒めものなどなどいただき

製造後18日の賞味期限の、18ビールをいただきましたよ。
台湾ビールの中の種類です。
台湾ビールのバドガールのようなお姉さんがいたのですが、お店で一番英語が通じました^^

デザートならいける、という話になり、検索して、DOUBLE-Vさんへ。
若い男女の方のお店なのかな(女子の方は日本語の発音が上手でした)

おいしくいただきまして。

この日はホテルに戻って就寝。
3日目に続きます。

台湾カテゴリの最新記事