一幸舎&辰悦丸in博多、WordPress更新まとめ

一幸舎&辰悦丸in博多、WordPress更新まとめ

木金と九州出張。

木曜の昼は出張前に博多ラーメン!

博多駅の駅ビル内のラーメン屋さんの集まったゾーンである、博多めん街道にて博多一幸舎のラーメンをいただき!

 

夜は博多駅で、同行者3人+呼び出した九州営業の4人で乾杯!

こちらも博多めん街道と同じビルの1Fの博多ほろよい通りを歩き、辰悦丸さんへ。(新幹線で帰る同行者がいたし)

左下はゴマサバです。うまし!

鯛茶漬けで締めましたよ~。

 

 

さてさて、Wordpressのこのサイトで、その後修正したところがあったのを思い出せる範疇で書いてみます。

前回作成完了での公開まではこちらでした。

 

・前回対応済みの点

ムームードメインのメールアドレス有効性確認不足で、一旦公開停止になっていた件

すぐに確認対応しますと、すぐにHP表示も回復。

Googleの検索に影響するかと思いましたが、あまり関係なかった印象でした。

 

・カノニカルタグの修正

Google検索結果が前のブログから新ブログになかなか移行しない印象だったのでダラダラ調べていると、

こちらのもう少し前の記事で記載していたcanonicalタグの設定がうまくいっていなかったことに気づきましたわ・・・

まさかでした^^;

 

上記リンク先にあるようにこちらを参考に<%EntryPermalink%>にて指定していました

<%EntryPermalink%> には /URL.htmlとすでにスラッシュが付いている形式です。

そこに気づかず、

http://torigon.net/<%EntryPermalink%>

と指定してしまっていました。

これをhttp://torigon.net<%EntryPermalink%> と余分なスラッシュを取った形に修正。

その後、Googleのリンクが新しいブログにつくようになった印象です。

 

・ブログコメント欄

ブログのコメントを承認不要で表示する形とし、メールアドレスの入力欄をなくしました。

こちらを参考にしました。

*以前に、「入力必須でない項目」に変更していましたが、特に不要と思いますので、さらになくすことにしました。

 

・インスタグラム表示

サイドバーにインスタグラム表示してみました

こちらこちらなどを参考に、instashowにしてみました

instagram feedというのも一般的なようですね。

「DsgnWrks Instagram Importer」を使うとインスタグラムの画像が自動で取り込まれるとありましたので、考え中です。

自動投稿されるという意味のようです。

やりたいことは画像取り込みだけなのですが、そうはできないような印象でした。

下書きまでで止めてくれてもいいんですけどね。

また調べてみます。

 

・サイドバーへの「画像付き最新記事リンク」

こちらを参考に「Newpost Catch」を使用してみました。

画像サイズを調整して完成かと思いましたが、そのままでは外観がいい感じになりませんでした。

現状書式を適用するかどうか(「プラグインフォルダ内のデフォルトCSS」のチェック有無)をどちらを選んでもだめでした。

適用しない場合は、字が下寄せになり、行が画像の下に回り込んでしまい、行間(改行なしで二行になる場合)も詰まりすぎています。

現状書式を適用するとすると、字が上寄せになりますが、行間がやはりつまりすぎていますし、画像の前に・(黒点)が入ってしまいます。

*ちなみに、以前にサイドバーの書式はこちらを参考に変更しており、現状書式とはそちらをさしています。

当初、下のように追記し、現状書式から・(黒点)をなくすことや行間を広くすることを試しました。

.widget ul li:before{
display:none!important;
}
.widget ul li{
line-height:1.2;
}

しかし、カテゴリのリストの部分なども、あわせて行間が広くなりすぎるなどいまいちです。

 

外観が思った通りにならなかったので、公式のこちらの「スタイルシート(CSS)はこう書いてます」の欄を参考にしました。

前述の・(黒点)をなくしたり、行間を広げるために、以下を追記しました。その他、字のサイズを大きくしたりしました。
#npcatch li{
line-height:1.2;
}
#npcatch li:before{
display:none!important;
}

 

・その他

リンクエラーを地道に対処。

以前からリンクエラーがあったのを修正できたのもあり、よかったと思いましたよ。

*たとえば記事からリンクしているキャンプ場や温泉のHPのURLが変わっていたところが結構ありました。

 

ひとまず現状こちらです。

おしまい!

ワードプレスカテゴリの最新記事